2017年01月17日

【映画怒り】日本アカデミー賞で最多受賞、広瀬すずの沖縄のシーンを

映画「怒り」が再び注目集めているみたいですね。
日本アカデミー賞で「怒り」が最多受賞というニュースがありますが。

この作品、見ましたか?
映画「怒り」を映画館で見て
この作品を、一般の人はどういう感情を持つんだろう??

そこがちょっと気になりますね。

「広瀬すず」さんの、衝撃的なシーン(沖縄)で
話題にもなった映画ですから。

「怒り」オリジナル・サウンドトラック [ 坂本龍一 ]




うーん、沖縄の人が見るのと
本土の人が見たら、同じ映画「怒り」作品でも違いがあるのかも??

もう映画公開から、だいぶ日にちが経過してしまって
再度、日本アカデミー賞で「怒り」に注目が集まるの

すごくいいと思いますが。

どういう気持ちで、立場で見るべきなのか?

どんな感情を持つ作品かという事も

自分だけでない意見が、欲しい所なんですが。

個人的な感覚では、映画「怒り」の構成上
オムニバス的な感じで、

一つの問題に「突出」していない点から
沖縄の問題、米軍の問題について
広瀬すずさんのシーンを見る事が出来た感じ。

仮に、映画「怒り」が
沖縄の問題、米軍の問題について」のみ
こちらに絞った映画だったから、見るのに重すぎる・・・

見れない映画だったかも・・・

映画という観点、エンターテイメント性を考えて
オムニバス的な、感覚にしたのかなった。

本当は、広げず、薄める事なく

直視して、現在、現時点でも継続している「沖縄」について
在日米軍問題、沖縄基地問題を直視しないといけないと思っていますが・・・

うーん、その視点から

映画「怒り」の構成になっていたのかも??

今、若手女優で、トップクラスの
広瀬すずさんに出演を依頼して

広瀬すずさんが演じるという事で

注目度、話題性についても
さらに強烈なインパクトがあったと感じています。

現状の問題点、現在の真の姿が
映画「怒り」を見る事を通して

日本の沖縄で、米軍、基地問題により

垣間見る事が出来る作品という、位置づけで正しいのかな??


2017年1月17日時点で、まだ映画「怒り」は、DVDなどになっていないようです。
という事は、まだ、レンタルとしても見る事ができないんだ??





posted by 39歳テレビ番組やニュースなど at 06:23 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事