2016年11月24日

【年金機構からねんきん定期便】年金の受給資格25年から10年になった

年金機構から「ねんきん定期便」が来ました
最近、年金の払込年数が、10年に短縮になったとか

もらえる可能性が、増えてって事はなんとなく・・・

年金機構からは、封筒やハガキで
たしか?たまに送られてきていた気もしますが

今回の「ねんきん定期便」はハガキタイプです

どんな内容が記載されているのでしょうか??

今回分には、「年金加入期間」
「加入実績の年金額」
「保険料納付額(累計額)」

あとは、「最近の月別状況」

今回受ける事ができた「ねんきん定期便」には
老齢年金の受け取りには、原則として300月以上の受給資格期間が必要です
と記載されています

300月以上とは、25年になるようですが
という事は、最近変わった、「10年」以上の以前の内容が記載されているようです

今後は、
老齢年金の受け取りには、原則として120月以上の受給資格期間が必要です」
と記載されるようになるはずです、10年以上に変わったはずだし

今回の「ねんきん定期便」を確認して見ると
受給資格期間というものが
現時点で
「194月」となっています。私の物では

いくらくらいの年金受け取れる予定とか
表示しているタイプでなかったようです。今回分のは

年金について、お知らせ的な意味合いが

今回の年金機構から「ねんきん定期便」には

あるのかなって





税理士ドットコムで最適な税理士選び


posted by 39歳テレビ番組やニュースなど at 01:16 | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事